NAVI
賃貸物件の管理業務をどうするか

賃貸経営の基本空室対策

賃貸契約をするなら、まずは入居者の確保が第一となります。しかし、賃貸物件はいわゆる飽和状態とも言ってよく、全国的に空室率が高くなっているのが現状です。これからアパートやマンションの経営を始めるのであれば、物件の収益力や利回りはもちろん大切ですが、入居者が今どんな住宅を求めているのかを把握してそのコンセプトに沿って物件経営をすることも非常に重要なポイントになってきます。そのためには、入居者と、求められている住宅について市場調査やスキルを提供してくれるプロのパートナーが不可欠です。そうしたプロのパートナーがあって初めて、長期的に安定経営が可能になるからです。

少子化・高齢化が叫ばれている昨今、アパートやマンションを経営するには一見マイナスの要素が強いように見えます。しかし、このような時代だからこそ、あえて分譲マンションや一戸建ての持ち家ではなく賃貸物件を選ぶというスタイルも一般的になってきています。これはアパートやマンションの経営を始めるにおいては大変プラスの要素です。つまり、持ち家を取得することが目的だった時代は過ぎ、バリアフリーや介護付きといった、コンセプトがはっきりしていてニーズに合う賃貸物件を選ぶ人も増えているのです。
Copyright (C)2017賃貸物件の管理業務をどうするか.All rights reserved.